ソープランドって最高ですかー!?

ソープランドを代表とする風俗店を男性だけでなく女性からの観点で色々と考察

雄琴ソープガイド 雄琴ソープガイド

雄琴ソープガイド 雄琴ソープランド専門サイト
http://ogotoso-pu.com/

ラブアンドピース

女性向けのソープランドは存在するのか?

女性向けのソープランドは存在するのか?

私は風俗店、とりわけソープランドが大好きで、月に2~3回は足を運んでいます。さすが風俗の王様と呼ばれるだけあって、他の種類の風俗店に比べて快感も癒しも最上級であると思います。しかしある時、ふとした疑問が頭をよぎりました。「女性向けの風俗店って、あるのかな…」と。

ソープランドといえばスケベな男性向けのお店であるというのが一般的な認識でしょう。ただ、男性と同じく性欲の強い女性も確かに存在するわけで、そういった方々はオ○ニー以外で発散できるソープランドのような場所はあるのでしょうか。

実際ソープランドに限らず、女性向けの風俗店は存在します。しかも内装もとても綺麗で、在籍しているスタッフの方の接客もとても良いので、気分よく過ごせる事が出来るのです。しかも、風俗店の割りには値段も比較的安いと言う話を耳にしていますし、トラブルにならない様に規制を守った上で営業されているお店ばかりで、万が一お客様同士がトラブルになった時の為に随時警備員の役割をされるスタッフも滞在されていますので、安心して利用することが出来るのです。

それに、利用することで接客マナーを学ぶことも出来れば、どのような態度を取るとお客様が喜んでお帰りになり、再びこのお店を利用しようとい思われるかの勉強にもなりますので、人付き合いが苦手な方は勿論ですが、例えばサービス業に従事されている女性であれば、風俗嬢というのは色んな情報をお持ちですので、お話しするだけでも楽しめ尚且つ学べるというのも特徴の一つだと言えるのではないでしょうか。

勿論、ソープ店もありますから、そういうお店を利用する事で、プロレベルの技法に身を委ねて普段のストレスを発散するのも良いのではないでしょうか。決してしてはいけない事は、まずお店のルールを破る事と、そこでお仕事されているソープ嬢をお店以外での利用を一方的に求めたり、個人的に蔑んだりするべきではない事などが挙げられます。当然ですが社会人のマナーとしてわきまえなければなりません。

雄琴ソープ街を歩いてみる

雄琴ソープ街を歩いてみる

滋賀の雄琴と言うと、私を含めソープランドを始めとした風俗店を想像される方が多いと思います。実際私も出張で関西地方を訪れる機会が多く、そのたびに滋賀まで足を運んで多種多様なソープランドで性欲を発散させてきました。

雄琴のソープ街は、他の地域と比較するととても和やかな雰囲気があるのも一つの特徴に思えます。まだ訪れたことの無い方には一度行ってみて欲しいと思います。しかしどうしてもお酒は欠かせないお店ばかりなので、飲酒運転も避けられるように、近くにはいつもタクシーが数台停車している事が多いです。もしそのタクシーが出払っている際は、お店のサービスで送ってくれるところもありますから、酔っ払って運転し、事故を起こす可能性を回避しなければなりませんし、飲酒運転こそ違反行為ですので、それを行って雄琴での楽しい気分が消えてしまうのを、まずは避けてもらう必要もあるのではないでしょうか。

そしてもう一つの雄琴の特徴として、お土産店が多いという事が挙げられます。一般的な商店街や観光地では考えられませんが、深夜まで開いているお店もたくさん存在します。日付が変わっても花が買えるのには私も驚いてしまいました。個人的な想像ではありますが、きっとソープ嬢やスナックのママさんへのプレゼントや差し入れなどの為ではないでしょうか。

さらに加えで、マッサージサロンも多く存在するのは、雄琴のソープ嬢が深夜の営業で疲れた身体を癒すためだとも思えます。さらに日本最大の湖である琵琶湖をすぐ近くに擁していますので、湖岸に見える夜景は非常に綺麗で眺めもよく、ゆっくりと落ち着いて酔いを覚ますには格好の場所でもあると言えるのではないでしょうか。

ここで一度、風俗の歴史を振り返ってみると、日本で一番有名なのが東京の「吉原」であるとは思いますが、実はそれより以前にも性風俗という文化は存在しました。かつて古代日本では巫女や遊女と呼ばれる女性が、今の風俗である生業をしていたとも述べられているくらい、どの時代においても、風俗店は欠かせないものであると言っても過言ではないでしょう。

今でこそ法律により一定の禁止条例がある訳ですが、この雄琴でも恐らく法律の施行前までは、同じように堂々と性行為をするようなお店が多かったのかも知れません(と言っても、今は自由恋愛という名目のもと、ソープランドでは本番行為が行われているのが現状ですが‥‥)。もし、そういった日本、とりわけ雄琴の性風俗に関する歴史に興味がある方はソープ街付近にある図書館に資料が残っている場合もありますので、そちらを利用されてみるのも良いのではないでしょうか。

昼間に訪れると、夜の雰囲気とは全く変わり、まるで別の場所のような錯覚を起こさせる不思議な街でもあります。繰り返すようですが、偏見を持たずにこの雄琴を楽しく探索されてみることをお勧めしたいとも思います。人柄の良い人たちが住んでおられますので、何か困った際には、気兼ねなく声を掛け尋ねてみても良いのではないでしょうか。そのような訳で、今の雄琴を紹介してきましたが、少しでも興味をお持ち頂けたら嬉しく思いますので、機会があれば是非行ってみて下さい。

雄琴がある滋賀県大津市ってどんなところ?

大津市は琵琶湖の南西から南さらに南東に位置する人口34万人の滋賀県の県庁所在地です。この大津市の玄関口であるJR大津は、京都駅からわずか2駅目で、京都市と山を挟んで接する都市なのです。

大津市は京都と同様に、湖都10社寺と言われる神社仏閣の多い伝統ある都市で、秋の大津祭りには13基の豪華絢爛な曳山の巡行が行われ、京都の祇園祭を彷彿とさせます。湖畔に立地するこうした伝統を有する町が大津市です。

大津市には琵琶湖岸に多数の宿泊施設があり、湖畔でのんびりとリゾート気分を満喫するには最適です。また、湖西のおごとには温泉旅館も多くあり、温泉を楽しみたい方には、こちらもお勧めです。

京都に近い事から、京都観光をして大津のリゾートホテルや温泉旅館に宿泊し、翌日、市内観光をするのも、良いでしょう。大津市内の歴史に触れるなら、やはり湖都10社寺を巡るのがお勧めです。

例えば、湖西側の浮御堂、比叡山の麓の日吉大社、坂本からケーブルカーを使って比叡山の延暦寺へ向うのも良いでしょう。また、三井の晩鐘で有名な三井寺、さらに大津市の南東の瀬田川沿いの石山寺は紫式部ゆかりのお寺で、ここも大津観光としては外せません。更に琵琶湖のリゾート気分を満喫したいなら、浜大津から遊覧船ミシガンのクルーズを楽しむのもお勧めです。

大津を始め、滋賀県と言えば近江牛が有名です。ステーキ、焼き肉、しゃぶしゃぶ、すき焼きなど近江牛を堪能できるお店が市内には多数あります。また琵琶湖の恵みを使った料理も色々と楽しむこともでき、鮎料理、鴨料理、瀬田しじみを使った炊き込みご飯のしじみ飯、珍味のふな寿司などがあります。お土産には、琵琶湖産の小鮎や本モロコの佃煮が最適好評です。古都の風情とリゾートの雰囲気を併せ持つ都市が大津市と言えるでしょう。